話題のレスベラトロールとは一体何なのか?

抗がん治療に

近年、がん治療にも新しい治療方法が取り入れられるようになってきました。その中で注目を浴びているのがレスベラトロールです。まずは、どのような成分なのか知ることから始めましょう。

話題の成分

ぶどうの種子から

レスベラトロールの抽出に成功したのは、2007年とごく最近のことです。その後、しばらくしてから催芽ブドウ種子というものが発見されたのです。そして、研究を進めた結果、抗がん効果があることが分かりました。抗がん効果が発見されてから、各メディアに取り上げられる頻度が上がったのです。その為、現在では多くの方に認知されるようになりました。

ポリフェノール

ポリフェノールという言葉を聞いたことがある方は、多いでしょう。ポリフェノールと言えば、ワインなどのぶどうから作られる製品に多く含まれていることで知られています。ポリフェノールは色素や渋みなどの成分です。レスベラトロールはポリフェノールの一種と言われています。一般的なポリフェノール同様強い抗酸化作用が期待できるのです。

フレンチ・パラドックス

ポリフェノールの抗酸化作用が発見されるきっかけとなるのが、フレンチ・パラドックスです。本来、動物性脂肪を多く摂ると、動脈硬化になりやすくなるでしょう。ですが、動物性脂肪を好むフランス人に動脈硬化が少ないことから、矛盾した状況のことを言います。これは後に、ワインに含まれているポリフェノールの働きによるものと分かったのです。

【PR】
冷え症に悩まない方法☆
人気の健康法で体質チェンジ!【PR】
ヘモグロビンa1cを摂取しよう!
現代病を根こそぎ排除!【PR】
すっぽんもろみでメリハリボディ♪
自己流ダイエットなんて古い!楽しく痩せるサプリ情報。

ポリフェノールの疑問

ワインを飲めば病気にならない?

ワインにはポリフェノールが多く含まれているので、高い抗酸化作用が期待できます。ただ、飲めば飲むほど効果が高まる訳ではないのです。基本的にどの成分でも摂りすぎると、体に悪影響を及ぼしてしまいます。適量を守りましょう。また、ワインはアルコールなので、飲み過ぎてしまうとアルコール中毒の恐れも出てきます。嗜む程度が好ましいでしょう。

どのような病気に効果的?

これはポリフェノールの種類によって変わってきます。ポリフェノールと一口にいっても種類はとても多いのです。一般的に知られているポリフェノールはアントシアニンやカテキン、イソフラボンでしょう。アントシアニンは肝臓病や心臓病などに効果的です。カテキンはコレステロール値を下げる働きがあり、イソフラボンはホルモンバランスを整えます。

1日の摂取量は?

基本的に1日に摂取するべきポリフェノールの量は1,000mlから1,500mlと言われています。様々な食材に含まれているので、バランス良く摂取するのが好ましいと言えるでしょう。抗酸化作用が高いので、様々な病気の予防に役立ちます。ポリフェノールの種類によっては摂りすぎると、体に悪い影響を与えることもあるので注意しましょう。

一回で1日分を摂取する方が得?

ポリフェノールは体内に蓄積されにくい成分と言われています。一般的に3時間程度で抗酸化作用は失われてしまうでしょう。そのような理由から、一度に大量に摂取しても、それほど大きな効果は得られないのです。こまめに摂取するのが理想でしょう。例えば、コーヒーやお茶などを食事やおやつと合わせて摂取する方が効果が高いと言えます。

ワインが苦手な場合は?

レスベラトロールの場合は、ワインから摂取する方が多いでしょう。ワインには様々なポリフェノールが含まれているので、一度に数種類のポリフェノールを摂取することができるからです。ただ、お酒が苦手な方には、ワインを飲んでポリフェノールを摂取するのは難しいといえます。この場合はサプリメントを利用するのが効果的でしょう。

広告募集中